Birds raising children on a tree of Ipé randum


野鳥の楽園パンタナール
7

BACK⏎ ⇒ NEXT

直前のページに戻る

Jabiru mycteria
ジャビルー(ズグロハゲコウ)
学名:Jabiru mycteria
-16 41 0.65, -56 49 9.13
2003年8月12日撮影

イペーの樹上で子育てをする鳥たち
Birds raising children on a tree of Ipé

パンタナールでは、湿地性の草原(カンポ)のところどころに 微高地(カポンなど)があり、そこは樹林になっている。乾季の8月、このような樹林にある ピンク色のイペー ローショの花が満開となり、パンタナールは華やかな雰囲気になる。 野鳥の天国パンタナールには 少なくとも 582 種1)もの鳥類が棲んでいる。 湿地と樹林が組み合わさったパンタナールは野鳥にとってもってこいの環境である。 安全な高い木の上に子育て用の巣をつくり、足元の水たまりから餌となる魚やカエルとる という便利な生活ができる。 水がひき始めて浅くなり、獲物が獲りやすくなる頃を見計らって子育てを始める鳥が多い。 写真右のイペーの樹上には鳥の巣が二つ見える。左の巣にいる頭だけ黒い鳥は、 ブラジルではジャブルー(Jaburu)あるいはツイウイウー(Tuiuiú)、英語ではジャビルー(Jabiru)、 日本語ではズグロハゲコウ(頭黒禿鸛)という鳥のようである。 この鳥はコウノトリの仲間で、パンタナールのシンボルとされる鳥である(右の写真)。
1)さまざまな数値の報告があるが、ここでは Nunes, A. P. (2011): Quantas espécies de aves ocorrem no Pantanal brasileiro? (ポルトガル語、英文要約付)を採用。
2003年8月12日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-16 37 15.66, -56 46 4.81 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 155°
PanoraGeo-No.242     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 7/17 ⇒NEXT