Sand stones forming Chapada Diamantina     randum


シャパーダ
(堆積岩台地)
2

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ジアマンチーナ台地をつくる先カンブリア時代堆積岩
Pre-Cambrian sedimentary rocks of Chapada Diamantina

写真はジアマンチーナ台地の垂直な崖に露出している砂岩を主とした地層である。いかにも硬そうな 感じがする。この地層ができたのは先カンブリア時代の原生代中期(約17億~12億年前)という古い時代である。 厳密にはゆるやかに傾いているとはいうものの、ほぼ水平に近い状態で横たわっている。日本のような地殻変動の激しい ところでは考えられないことである。ロライマ山やエンジェルの滝で有名なギアナ高地のロライマ超層群の岩石も 18億年台の年代測定結果がでており、この台地とほぼ同じである。シャパーダジアマンチーナ国立公園はギアナ高地を 一回り小さくしたものと言えそうである。
2007年3月6日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-12 27 25.83, -41 28 19.99 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 260°
PanoraGeo-No.250     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 2/6 ⇒NEXT