Soil profile of Red Latosol    randum


ラテライト
5

BACK⏎ ⇒HOME

直前のページに戻る

赤色ラトゾルの断面
Soil profile of Red Latosol

サンパウロ州内陸部の道路の切割にみられた赤色ラトゾルの断面である。この土壌の 特徴で、地表に暗色の腐植層がなく、層位(層状の構造)がほとんどみられない。ラテライトも生成 されていない。かつてはこのような赤色土をラテライトと呼んだようだが、現在ではラトゾル (Latozol、アメリカ旧分類名)あるいはオキシソル(Oxisol、アメリカ新分類名)と呼ぶ。 鉄分が固結したラテライトはオキシゾルでもみられることはあるが、むしろ下層にカオリンなどの 粘土が集積したアルティソルUltisol(アメリカ旧分類の赤黄色ポドゾル性土にほぼ相当)によく発達している。
1998年7月24日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-22 8 45.29, -50 51 58.52 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 125°
PanoraGeo-No.260     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 5/5 ⇒HOME