Sengen-Taisha-Okumiya randum


ぼくとわたしの
富士登山
6

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

信仰登山の富士山頂、浅間大社奥宮
Mt. Fuji Summit of faith climbing, Sengen-Taisha-Okumiya

ようやく富士山頂にたどり着いた。ただし、ここは標高 3712m の浅間大社奥宮で、 標高 3776m の地理的な富士山頂とは別である。ここは、富士宮市の富士山本宮浅間大社を起点とした 信仰登山者にとっての富士山頂である。歴史的には、長い間、富士山は修験道者や富士講信者などの 信仰登山の場であったわけで、ここを富士山頂とする意味は十分認められる。この奥宮をはじめとした 「富士山頂の信仰遺跡群」は富士山世界文化遺産の主要な構成資産である。富士山の八合目より上は この浅間大社奥宮の境内、すなわち富士宮市に総本宮を構え、全国に 1300 あまりある浅間神社の 所有地である。
1979年8月3日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):+35 21 34.53, +138 43 52.20 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 14°
PanoraGeo-No.300     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 6/13 ⇒NEXT