Magadi Lake on the bottom of Geate Rift Valley randum


アフリカ大地溝帯
5

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

マガディ湖
Lake Magadi

ナイロビの市街などのある標高2000m前後の高原とマガディ湖のある地溝底との間の断層は、両側とも、 数段に分かれた階段断層である。写真で、塩原化した白いマガディ湖の向うに見える緑の植生に覆われた崖が マガディ湖西岸の段(標高約1200m)の一つで、その背後に雲に覆われた2000m級の高原がある。高原にはこのように雲が かかり降雨が多くて森林が成立するが、地溝の底ははるかに乾燥している。熱帯半乾燥気候のもとにアカシアを 主とした有刺灌木林がひろがり、牛やヤギの放牧地になっている。
1989年12月23日撮影  カメラの位置(緯度,経度):-1 49 19.73, +36 19 23.72(Google Map)  撮影方向:北から時計回り 271°
PanoraGeo-No.3     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 5/8 ⇒NEXT