Summit of a giant termite mound randum


アフリカの巨大アリ塚
3

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

大型シロアリ塚の頂部
Summit of a giant termite mound

オオキノコシロアリの塚は直径数十mあり、その地下には総延長数十mというトンネル が掘られている。シロアリはその中で、女王アリ、働きアリ、兵隊アリなどの役割分担のもとに 社会生活を営んでいる。トンネルの中ではその名の通りキノコの栽培も行なっている。 塚の頂上付近には直径10㎝前後の穴や土を積み上げた煙突が造られているが、これは地下の トンネルの温度をキノコの生育に適した30度前後に保ったり、高濃度になる二酸化炭素を発散 させたりするための通気管である。11月末は雨季が始まる時期、地元農民がシロアリ塚の斜面を利用して 焼畑をつくるため、灌木が伐採され、下草は焼かれている。
1990年11月30日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-5 57 14.67, +35 43 22.88 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り -°
PanoraGeo-No.320     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 3/4 ⇒NEXT