Yoshida-Osawa Sand Run, Mt. Fuji randum


ぼくとわたしの
富士登山
11

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

かつての富士山吉田口登山道の下山コース、吉田大沢の砂走り
Yoshida-Osawa Sand Run, the formar downhill course of Yoshida Trail, Mt. Fuji

吉田大沢の砂走りを楽しむ大勢の登山者。 行く手に小さく見える赤い屋根は五・五合目の経ヶ岳六角堂。その右手前の左右に長い屋根は は砂走りの終点、六合目雲海荘(焼失して今は無い)。みんなに交じって、ぼくとわたしも レッツゴー。砂走りは須走口登山道や御殿場口登山道の下山コースでも可能で、 いわば富士登山の呼び物の一つである。ただ、砂走りの「砂」は、須走口・御殿場口登山道では 宝永山が噴出した細かいスコリアであるが、吉田大沢の場合には、まわりの崖から落ちてきた 砂礫なので、時にはかなり大きな角礫が混じっている。転んで頭を打たないよう気を付けよう! ところが、もっと気を付けなければならないことがあった。ぼくとわたしが駆け抜けたまさに この場所で、翌年1980年の夏、12名の方が亡くなるという大事故が起きた。 吉田大沢落石事故である。 その結果、長年続いてきた吉田大沢の砂走りは終わってしまった。 1979年8月3日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):+35 22 43.38, +138 44 29.54 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 36°
PanoraGeo-No.325     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 11/13 ⇒NEXT