Coata River Plain randum


ペルーレイル
8

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ペルー・アルティプラノ、チチカカ湖北岸のコアタ川平野
Coata River Plain on the north bank of Titicaca Lake, Peru Altiplano

チチカカ湖(水面標高3812m)の北東岸にあり、ペルー・アルティプラノの中心都市 フリアカが立地するコアタ川の平野である。ペルーレイルの線路の両側に広く畑がひらかれている。 この付近の気候は、ボリビアのアルティプラノに比べて湿潤で、500~600mmの年降水量があるので、 灌漑なしで農耕が可能である。 ( フリアカ市の気候、年平均気温11℃、年降水量525mm)。写真を撮影した9月半ばは、乾季(5~8月)が 終わって雨季が始まる時期なので、種まきのために耕されて黒く見える畑が増えてきた。 真夏でも月平均気温が13℃に届かない冷涼な気候のため、ジャガイモ、キノア、大麦、冬小麦など、 寒冷に強い作物が栽培される。チチカカ湖の湖水の影響で夜間の気温低下が弱く,降霜がほとんどない点は 農業に有利である。  
2011年9月13日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-15 46 35.84, -70 2 5.72 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 347°
PanoraGeo-No.334     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 8/13 ⇒NEXT