Coata River Delta growing totora, Titicaca Lake randum


ペルーレイル
9

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

チチカカ湖、トトラが茂るコアタ川デルタ

Coata River Delta with totora reed, Titicaca Lake

 プーノ市街の北にある丘から東方、チチカカ湖のプーノ湾方面を望んだ景観である。 足元のペルーレイルに沿う畑がある狭い低地の向こうに、広大な湿地がひろがっている。チチカカ湖に 注ぐ川のうち2番目の流量をもつコアタ川のデルタである。プーノ湾の半分以上を占めるこのデルタには、 トトラとよばれる背の高い水草が密生している。深さ2~3mの水底から伸びる背丈4~5mの葦のような 植物であるが、葦が属するイネ科ではなく、カヤツリグサ科の植物である。先住民ウル族の人々は、 この草を重ね合わせて多数の浮島 (ウロス島) をつくってその上に住み、家屋や船(いわゆる葦船)もつくっている。その様子は、 チチカカ湖最大の観光資源である。写真左遠方に、優美な織物がユネスコ無形文化遺産に 指定されているタキーレ島がややかすんで見え、その手前の中央部から右にかけては、 チュクイト半島とそれに抱かれたプーノ湾の水面がわずかに見える。
2011年9月13日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-15 46 45.51, -70 1 55.61 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 97°
PanoraGeo-No.335     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 9/13 ⇒NEXT