Arequipa suburb, upland of randum


ペルーレイル
13

BACK⏎ ⇒HOME

直前のページに戻る

アレキパ郊外、「シリャル」の台地
Upland of "Arequipa suburb, upland of "Sillar"

ペルーレイル、アレキパ行き観光列車の最終コースは、標高4100の高地から2300mの アレキパ谷へのダウンヒルである。標高2700mあたりまで下りてくると、眼前に広い平野と市街地が展開する。 写真左端には、チャチャニ火山の南西麓にできた寄生火山(パンパデパラシオ)の溶岩流末端の急斜面がある。 その麓から写真右へ緩やかに傾斜する平坦地には、アレキパ市の郊外都市ユラ市の新興市街地が 広がっている。この平坦地の大部分は、チャチャニ火山の前身の新第三紀ないし第四紀初期の火山が 噴出した軽石流堆積物からなる台地である。この軽石流は自身の重さと熱によって固まり、イグニンブライト (溶結凝灰岩)になっている。日本のシラスに近いが、それよりはるかに古く、溶結の程度も高い。 「白い都市」アレキパの多くの建物をつくっているシリャル(Sillar)とよばれる石材は、まさに この岩石である。その主要産地は、この写真の台地の一角にあるアニャシュアイコ・シリャル採石場 (Canteras de Sillar Añashuayco、 Google Map)で、観光地にもなっている。 写真手前左端の真新しいフェンスも シリャル製である。写真右はるか遠方に、アレキパの市街地がかすかに見えてきた。長旅ご苦労様でした。
2011年9月13日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-16 17 42.21, -71 38 5.90 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 131°
PanoraGeo-No.338     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 13/13 ⇒HOME