Hillside farms along the Vilcanota River randum


ペルーレイル
5

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ビルカノータ川沿岸の斜面畑
Hillside fields along the Vilcanota River

クスコから100㎞ほど南東、ビルカノータ川沿岸のコンバパタという小都市の郊外の景観で、 右端の山の麓をペルーレイルの線路が通っている。この付近の谷底の標高は3450m、左端にみえる、頂に鉄塔が 立つ山の標高が約4000mである。ペルーの地理学者ビダルによる ペルーの8つの自然地域(高度帯)では、 標高3500mから4000~4100mをスーニ(Suni)帯というが、これはほぼそれにあたる景観である。 スーニ帯の植生はおもに背の低い灌木林であるが、この写真の山の斜面のように、畑になっているところが多い。 スーニ帯より一つ下の高度帯であるケチュア帯は、常春の気候に恵まれ、小麦やトウモロコシをはじめ、 多くの作物ができるのに対し、スーニ帯に入ると、かなり低温になるため、栽培できる作物は、馬鈴薯(じゃがいも)や ソラマメのような寒さに強いものに限られてくる。
2011年9月12日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-14 4 45.26, -71 26 15.99 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 222°
PanoraGeo-No.339     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 5/13 ⇒NEXT