Vineyards in Mendoza & Tupungato Volcano randum


南部アンデスの火山
1

HOME⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

メンドーサのブドウ畑とトゥプンガト火山
Vineyards in Mendoza & Tupungato Volcano

アルゼンチン西部、メンドーサ州のブドウ地帯から見た初秋の南部アンデスの山並み で、中央にひときわ高くそびえるのがトゥプンガト山(6570m)である。成層火山であるが、完新世(最近約1万年)に 噴火した形跡はない。アンデスの火山は、北部、中部、南部の3群に分かれて分布するが、 トゥプンガト山は南部アンデス火山群の最北に位置し、これより北約600㎞、 中部アンデス火山群が始まる南緯28度までは非火山地帯である。南に向って急速に高度が下がる アンデスで最南の6000m級山岳である。
アルゼンチンにおけるワインの生産量は世界で第6位(2017年)であるが、5位になる年もあり、 南米では常に首位を保っている。そのアルゼンチンワインの70%前後がメンドーサ地方で生産される。 砂漠気候下の厳しい乾燥が幸いして、病虫害が少なく、無農薬栽培も可能という強みがある。
2005年3月23日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-32 50 0.14, -68 22 57.42  (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 249°
PanoraGeo-No.35     直前のページに戻る     HOME⏎ このテーマ 1/5 ⇒NEXT