Volcán Maipo in southern Andas randum


南部アンデスの火山
2

BACK⏎ ⇒NEXT

マイポ火山
Volcán Maipo

アンデス山脈は、南米の最高峰アコンカグア山より南方で標高が急速に低くなってゆくが、 そのうち最後の5000m級の山がこのマイポ火山(標高約5300m)である。 約50万年前という古い時代にできた直径20km前後のカルデラの中に、写真右寄りにある 円錐形の中央火口丘が形成されている。その東(写真の左)の山麓にある平坦なところは、 雪に埋もれたカルデラ湖(ディアマンテ湖)で、カルデラから流出する川が、1826年噴火の 溶岩流で堰き止められできたものである。湖の向こう岸がカルデラ壁や外輪山であるが、 侵食が進んで不明瞭になっている。
2003年9月3日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-33 57 58.11, -69 41 45.21 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り200°
PanoraGeo-No.1     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 2/5 ⇒NEXT