Winery in Vale dos Vinhedos randum


温帯のブラジル
18

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ガウーシャ山地「ブドウ園の谷」のワイナリー
Winery in Vale dos Vinhedos, Serra Gaúcha

リオグランデドスール州北東部のセラガウーシャ地方にある都市ベントゴンサルヴェス はイタリア人移民の入植を起源とする町であるが、その郊外に「ブドウ園の谷」 (ヴァレドスヴィニェードス Vale dos Vinhedos)という地区がある。そこには、 写真手前や遠方の丘斜面のようなブドウ畑が各所にひらかれ、大小のワイナリーが散在している。 写真はそのうちの大手、ミオーロ社のワイナリーである。 ブラジルワイン6大産地といわれる*1)もののうち5つが「温帯のブラジル」にあり、その中でも最も 重要な産地がこのセラガウーシャ地方で、ブラジルのワイン全体の85%を生産している。 「ブドウ園の谷」は、そのセラガウーシャ地方におけるワイン生産の中心地である。 「温帯ブラジル」以外で唯一のワイン産地は、ブラジル北東部地方のサンフランシスコ川中流部沿岸 (ペトロリーナ市付近)であるが、そこでブドウ栽培を始めたM.Yamamoto氏の農場をミオーロ社が 引き継いでいる。
*1) http://www.vinhosdobrasil.com.br/pt/vinho-brasileiro/regioes
2004年8月23日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-29 11 9.76, -51 34 50.46 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 331°
PanoraGeo-No.366     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 18/21 ⇒NEXT