Cape Remanso and constricted portion in the middle Amazon randum


アマゾン川
10

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

アマゾン中流部レマンソ岬と狭窄部
Cape Remanso and constricted portion in the middle Amazon

PanoraGeo-No.404の写真と同じ、 パリンチンス市街西方約70㎞のモカンボ地区沖を、アマゾン川が写真左上から下に向かって流れている。 緩やかにカーブした流路の内側(右岸、写真では左)には自然堤防に縁取られたツピナンバラーナ島の氾濫原がひろがっている。 カーブの外側の岸(左岸、写真の右)では、アマゾン川が、直接、台地(テラフィルメ)の裾を洗っているが、 その一部に、レマンソ岬(ポンタドレマンソ、Ponta do Remanso)が角状に突出している。 このため、この部分のアマゾン川は、幅約2㎞の狭窄部になっている。 このような狭窄部では、当然、幅が狭い代わりに水深は大きく、レマンソ岬沖の水深は91m にもなる1)。ここに限らず、 アマゾン中流部の川底は深く、普通でも60mくらい、深いところでは100mを越すような深みもある (資料:アマゾン川、深さと速さ参照)。
1) IBGE(ブラジル地理統計院)(1977):Geografia do Brasil, Região Norte. p.123
2002年8月14日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-2 42 33.80, -57 11 27.37 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 329°
PanoraGeo-No.405     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 10/17 ⇒NEXT