Dourado, a typical large freshwater fish of Brazil randum


パンタナール
16

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ブラジルの代表的淡水大型魚、ドラード
Dourado, a typical large freshwater fish of Brazil

マトグロッソドスール州のコルンバ港を出てパンタナールを周遊する 観光ボートの船頭さんが、船の速度を緩めて流し釣りを始めたなと思ったら、間もなく 獲物がかかった。ドラードDourado) という大型魚である。ドラードは、 アマゾン流域やパンタナールを流れるパラグアイ川とそれが注ぐパラナ川の流域などに 棲息する淡水魚で、体長1m くらいのものもいる。 その名はポルトガル語の黄金(オーロ、Ouro)を語源とする「金色の」という意味で、 その名の通り金色に輝く美しい魚である。パンタナールでは、 地元民の漁業はあまり盛んでないが、観光客によるスポーツフィッシングの人気は高まりつつあり、 その中心がここコルンバである。ただし、魚が餌と産卵場所を求めて川を一斉に遡るピラセマという 現象が起こる時期、すなわち魚の繁殖期は禁漁である。ピラセマの時期は、北部パンタナールでは 10 月から 翌年1月、南部パンタナールでは 11 月から翌年2月くらいまでと若干のずれがある。ピラセマの開始は その年の雨季の始まりを告げるものでもある。
1982年8月20日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-18 56 32.25, -57 25 49.38 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り -
PanoraGeo-No.563     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 16/17 ⇒NEXT