Tram of Tokyo Metroplitan Rail randum


王子周辺ウォーキング
1

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

都電荒川線の飛鳥山停留所

Asuka-yama Stop on the Toden (Tokyo Metropolitan Rail) Arakawa Line

 都電荒川線は荒川区の三ノ輪橋と新宿区の早稲田を結ぶ都電(東京都電車)路線で、 東京さくらトラムの愛称がある。1955 年ごろの最盛期には 40 系統 213㎞ あった都電は、 自動車交通の障害を主な理由に、1972 年までに大部分が廃線・撤去されたが、 この荒川線 12.2km だけは残った。都電の大部分は路面電車だったが、三ノ輪橋・早稲田区間のほとんどが この写真のような専用軌道だったのが幸いした。
 荒川線の前身は、才賀藤吉や渋沢栄一らの出資で設立された王子電気軌道(株)の建設によるもので、1911 年に この飛鳥山上(現飛鳥山)から大塚(現大塚駅前)までの 2.3㎞ が開通した。その後 順次延伸され、現在のような路線になる (参照:1909 年測図の地形図)。 1942 年に東京市に買収されて市電になり、翌年に都電になった。
 都電荒川線の飛鳥山停留所は飛鳥山の西の山麓にあり、そこから高さで 10m 足らず登れば山頂に着く。 この写真で、電車の向こうに見えるのはレトロなデザインの飛鳥山交番、その向こうの木立が、10月 になって ほぼ落葉した飛鳥山の桜である。
2021年10月18日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):+35 44 59.50, +139 44 13.99 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 22°
PanoraGeo-No.600     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 1/11 ⇒NEXT