Osorno Volcano beyound Llanquihue Lake randum


南部アンデスの火山
5

BACK⏎ ⇒HOME

直前のページに戻る

オソルノ火山とジャンキウェ湖
Volcán Osorno & Lago Llanquihue

南部アンデスの火山には、マイポ火山やラニン火山のようにアンデスの稜線にあるものもあるが、それらはむしろ少数派で、 多くの火山はビジャリカ火山やこのオソルノ火山のようにアンデス西麓に分布している。山麓には写真のジャンキウェ湖のような氷河湖が あることが多く、火山と湖が一体となった風光明媚な観光地を形成している。オソルノ火山は典型的な円錐形をした成層火山で、世界的にも日本の富士山に似た 山として知られ、日本人はチリ富士と呼んでいる。1869年以降噴火はしていないが、それ以前の記録の残る約300年間に11回噴火しており、 チリでは最も活動的な火山のひとつである。
1981年12月6日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-41 18 46.98, -72 58 47.28 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 71°
PanoraGeo-No.309     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 5/5 ⇒HOME