Volcán Lanin & grove of Araucaria araucana randum


南部アンデスの火山
4

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ラニン火山とチリマツの木立
Volcán Lanin & grove of Araucaria araucana

南緯40°付近のアンデス稜線部にそびえるラニン火山で、標高は富士山とほぼ同じ。チリ、アルゼンチン両国に跨っている。 この付近の緯度のアンデス山脈は西岸海洋性気候のもとで温帯林に覆われている。ラニン山麓、標高約1100mの高原で目立つのはアラウカリア (ナンヨウスギ科ナンヨウスギ属)の一種であるアラウカリア・アラウカーナ(Araucaria araucana)でチリマツとも呼ばれるもの。写真の 濃い緑の木がそれで、中生代から生き続けてきた寿命の長い植物種である。
>2005年3月18日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-39 34 10.25, -71 30 16.90 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 178°
PanoraGeo-No.219     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 4/5 ⇒NEXT