Puno Port, on the Lake Titicaca randum


ペルーレイル
10

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

チチカカ湖畔のプーノ港
Puno Port, on the bank of Lake Titicaca

ペルーレイル・チチカカトレインの終点プーノはチチカカ湖観光の基地である。 この写真のプーノ港には観光客を待つ多数のモーターボートが係留されている。向こうに見える桟橋は鉄道専用の 桟橋で、かつては、ここから貨車を積んだ鉄道連絡船(トレインフェリー)が、ボリビアのグアキ港に 向かって出航していた。今この桟橋に停泊している船は、その代表ともいえる蒸気船オジャンタ号(SS Ollanta) である。この船は、チチカカ湖に1870年に初めて汽船が導入されてから5番目、1931年に就航した汽船で、 2200トンと最大規模のものである。船内には、ペルーの軌間1435mmの貨車も、ボリビアの軌間1000mmの貨車も積める ダブルトラックの軌道が設置されていた。現在の所有者ペルーレイルは、この船を改修して、チチカカ湖を 周遊するチャーター船として使用している。
ペルーレイルのクスコ発アレキパ行き観光列車は、 ほぼ1日にわたるチチカカ湖観光を楽しんだ乗客を乗せて、夕刻、プーノ駅を出発する。
2011年9月13日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-15 50 6.25, -70 0 51.53 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 190°
PanoraGeo-No.329     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 10/13 ⇒NEXT