World Heritage, Historical Centre of the City of Arequipa randum


ペルーレイル
3

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

世界文化遺産、アレキパ市歴史地区
World Heritage, Historical Centre of the City of Arequipa

ペルー第2の人口をもつ都市アレキパの中心部の49ブロックが世界文化遺産になっている。 写真はその一角、サンタカタリナ通りの朝である。通り沿いの遠くに、この町でもっとも重要な 建造物の一つであるサンタカタリナ修道院が見える。一番手前の低い建物は18世紀末に建てられた イリベリィ邸とよばれる石造りの邸宅で、現在は国立アレキパサンアグスティン大学の博物館として 利用されている。使われている石は、日本の大谷石に似たシリャルとよばれる凝灰岩である。 市内にあるおもな歴史的建造物は、白または淡いピンク色のシリャルで造られているため、アレキパには 「白い都市」という異名がある。背景の山は、市の北にそびえるチャチャニ火山(標高6057m)。
2011年9月14日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-16 23 53.42, -71 32 14.22 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 8°
PanoraGeo-No.330     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 3/13 ⇒NEXT