Bus Rapid Transit、public transpot system of Curitiba City randum


温帯のブラジル
2

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

サンタカタリーナ島とフロリアノポリスの町並み
Santa Catarina Island and townscape of Florianópolis

サンタカタリーナ州の州都フロリアノポリスは、狭い海峡によって本土と隔てられた 南北に長いサンタカタリーナ島にある。島は、中部で海峡が400mほどに狭まるところにつくられた橋(写真右端 の遠方)で本土と結ばれている。スペインの植民地経営の1つの拠点であったラプラタ川地域に近いこともあり、 この都市と島はスペインの侵入を防ぐための拠点であった。 ポルトガルは、この地域の領有を確実なものとするため、サンパウロからの奥地探検隊(バンデイランテ) の入植(1675年ごろ~)やアゾレス諸島(大西洋にあるポルトガル領の島)からの移民の入植(1748年~) などを実施し、いくつもの要塞を建設した。それでも、1977年には、スペインに一時的に占領され、 街が破壊された歴史がある。現在のフロリアノポリスは、商業・サービスを中心とした都市で、 とくに、史跡と施設の整ったビーチが多い観光保養都市の性格が強い。また、ブラジルでは もっとも治安の良い都市のひとつとして知られている。2015年時点では、 ブラジルの27の州都のなかで、治安の指標の一つである殺人率が最も低く、人間開発指数は最も高い。 このような評判から、サンパウロのみならず、アルゼンチン、北米、ヨーロッパなど内外の人々に 人気のある別荘地として発展している。 (参考:ブラジル各州の首都の殺人率)
2006年3月30日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-27 28 56.86, -48 38 46.81 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 141°
PanoraGeo-No.353     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 2/21 ⇒NEXT