Downtown of Porto Alegre randum


温帯のブラジル
3

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

リオグランデドスール州の州都ポルトアレグレ市の繁華街
Downtown of Porto Alegre, capital of Rio Grande do Sul State

ブラジルで最も南にあるリオグランデドスール州の州都あるポルトアレグレ市は 「温帯のブラジル」では最大の工業集積地である。写真はその都心、ボルジェスデメデイロス通りの 昼下がりである。 この繁華街を歩いている人々をみると、ブラジルの特徴の一つである「人種のるつぼ」という感じは薄く、 肌の白い人が圧倒的に多い。このことは、統計でも明らかである。ブラジルの国勢調査(センサス)には、 「住民の肌の色または人種」という項目があり、リオグランデドスール州の「白人」の比率は83.2%で、 フロリアノポリスのあるサンタカタリーナ州(84.0%)とともに極端に高い (→参考資料)。これはこの地方の 開発の歴史が反映されたものである。すなわち、18世紀には領土の占有を確実にする国策に応じて、 アゾレス諸島から大勢のポルトガル人が入植してきた。これに続いて、1824年に始まるドイツ人の移民、 1875年のイタリア人の移民があり、このほかスペイン人やポーランド人なども入植してきた。 この地域に白人が多いのは、これらヨーロッパ人の流入によって開発が進んできたためである。
1989年8月11日撮影   カメラの位置 (緯度,経度):-30 1 48.23, -51 13 39.98 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 181°
PanoraGeo-No.354     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 3/21 ⇒NEXT