Ranch in Rio Grande do Sur Plain randum


温帯のブラジル
21

BACK⏎ ⇒HOME

直前のページに戻る

リオグランデドスール平野(ガウーショ平野)の牧場
Ranch in Rio Grande do Sur Plain (Gaucho Plain)

「温帯のブラジル」の最も南、リオグランデドスール州の南半分には、温帯草原が ひろがる(参照: 植生図)。同州北半分が高原なのに対し、 ここは標高の低い平野や丘陵で、最も高いところでも500mくらいである。 この草原はウルグアイやアルゼンチンから続く温帯草原、すなわちパンパの一部である。 牧牛を主とし、羊や馬の飼育も盛んな豊かな牧畜地域である。この温帯草原の牧場で働く勇敢な カーボーイのことをブラジルではガウーショ、アルゼンチンなどスペイン語圏ではガウチョというが、 ブラジルでは、リオグランデドスール州の住民あるいは出身者のこともガウーショ(男性)あるいは ガウーシャ(女性)という。また、ガウーショやガウーシャは「リオグランデドスール州の」という 形容詞にも使われことからも、この草原のカーボーイは、リオグランデドスールの象徴的存在と 言うことができよう。
2004年8月21日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-31 19 42.26, -52 2 26.54 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 262°
PanoraGeo-No.363     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 21/21 ⇒HOME