Usina Eólio-Elétrica Experimental Morro do Camelinho randum


ブラジルの"風"景
1

HOME⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る







Map espinhaco

エスピニャッソ山脈の風力発電所
Wind power station in the Espinhaço Mountains

ブラジル高原東部内陸を南北に走るエスピニャッソ山脈は、ブラジルにおける 風の強い地域のひとつである(参照:風の強さの分布図)。 写真のモーロドカメリーニョ風力発電試験場は、1994年、ミナスジェライス電力会社(CEMIG)が、 この山脈の標高1300mの高所に建設したもので、一般配電系統に接続された風力発電所としては ブラジル最初のものである。手前の、日本では珍しいキャトルグリッドを主眼に撮った写真の背景が、 このように意味のあるものだったとは、この説明を執筆中、CEMIGのホームページ*)を開いてみて 初めて知った次第。なお、キャトルグリッド(ブラジルではマタブーロ、日本では家畜脱出防止溝)とは、 牧場の出入口に扉の代わりに設置するもので、人や車は容易に通過できるが、牛などの動物は足が隙間に 落ちるのが怖くて通らない。
*) http://www.cemig.com.br/pt-br/A_Cemig_e_o_Futuro/inovacao/Alternativas_Energeticas/Paginas/energia_eolica.aspx
2000年1月5日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-18 35 17.25, -43 53 57.17 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 358°
PanoraGeo-No.369     直前のページに戻る     HOME⏎ このテーマ 1/10 ⇒NEXT