Natal, randum


ブラジルの"風"景
3

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

太陽と砂丘の都市、ナタール
Natal, City of Sun and Sand Dune

ブラジル北東部地方リオグランデドノルテ州の州都ナタールの郊外にある観光地 ジェニパブ砂丘からナタール市街を遠望した写真である。 南米大陸北東端のサンロケ岬に近いナタールは、ブラジルの州都の中で最も日照時間が長いので 「太陽の都市」とよばれている(資料:ブラジル各州都の 日照時間)。また、アメリカ大陸で最もきれいな空気の街というタイトルをNASAからもらったことも 市民の自慢の種である。しかし、何と言ってもナタール一番の売り物は砂丘である。都市公園としては ブラジル1~2の広さといわれる「砂丘公園」、2014年のサッカーワールドカップの会場となったサッカー場の 名は「ドゥーナ(砂丘)スタジアム」である。言うまでもなく、砂丘は風によって運ばれてきた砂がたまって できた丘であるから、まさに"風"景である。ナタールはノルデステ(北東部地方)北海岸の強風地帯 (参照:ブラジルの風力の分布の②)の東の端にあり、これより 西へ伸びる強風地帯の海岸には、多数の砂丘が並んでいる。
2001年3月31日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-5 42 25.98, -35 12 8.99 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 181°
PanoraGeo-No.370     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 3/10 ⇒NEXT