Port of Fernando de Noronha at sunset randum


ブラジルの"風"景
4

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

夕暮れのフェルナンドデノローニャ島の港
Port of Fernando de Noronha at sunset

フェルナンドデノローニャ島の北東部にある港に隣接するサントアントニオ 要塞跡から見た西方の海には、沈み行く夕日を背景に無数の漁船が停泊している。 北東-南西方向に長いこの島の南東側の海は「外の海」(マール・デ・フォーラ、Mar de Fora)、 この写真の北西側の海は「内の海」(マール・デ・デントロ、Mar de Dentro)とよばれる。 南東側の「外の海」は、南東貿易風が吹き付ける荒海、一方、島の北西側の「内の海」は 貿易風に対して島陰に位置する静かな海である。当然、この島の唯一の港はこちら側にある。 ブラジルではその定常性に注目して、貿易風のことを「滑らかな」(liso、リーゾ)を語源とする アリージオ(Alísio)とよび、フランスやイタリアなど多くのラテン系の国でもそうである。 日本にも「恒信風」という言葉がある。貿易風のこのような定常性のお陰で、この港は、 さして深く入り組んだ湾内にあるわけでもないのに、波が常に静かな天然の良港になっている (この港付近のGoogle Earth衛星写真)。
2007年3月28日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-3 49 58.63, -32 23 58.38 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 287°
PanoraGeo-No.566     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 4/13 ⇒NEXT