Confluence of the Kokai and Ohya Rivers at the time of the flood randum


小貝川母子島遊水地
10

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

増水時の小貝川・大谷川合流点
Confluence of the Kokai and Ohya Rivers at the time of the flood

 母子島(はこじま)遊水地は小貝川とその支流の大谷川(おおやがわ)の合流点の両者に 挟まれた低地につくられた。写真は両河川の合流点の堤防から下流を望んだもので、左から小貝川、 右うしろから大谷川が来て合流している。両河川とも増水し、高水敷が完全に水没している。 合流後の小貝川を跨ぐ青いアーチは、水資源機構の霞ヶ浦用水のサイフォンで、霞ヶ浦から 左にみえる筑波山に掘られたトンネルを通して、この付近およびさらに西の猿島(さしま)台地まで灌漑用水を 送っている。その向こうに小貝川の水位観測地点のひとつである黒子橋が見える。
 黒子橋付近を境に小貝川は、勾配2/1000から0.24/1000へと、急に緩やかになる。 この付近より下流は、1000年くらい前までは、騰波ノ江(とばのえ)とよばれる湖だったからである。 このように勾配が急減するところでは、洪水時に水位が異常に高くなりやすく(本来の意味でのバックウォーター =背水)、1986年の洪水では、黒子橋の一つ下流の小貝橋付近左岸が破堤して大水害となった。 母子島遊水地は、この水害のあと、下流におけるこのような水害を防ぐことを一つの目的として建設された。
2019年10月13日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):+36 15 17.34, +139 59 36.06 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 133°
PanoraGeo-No.457     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 10/14 ⇒NEXT