Trans-Amazonian Highway shortly after opening randum


アマゾン横断道路
7

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

開通後間もなくのアマゾン横断道路
Trans-Amazonian Highway shortly after opening

アマゾン横断道路入植計画は、ブラジル軍事政権(1964-1985年)が 起こした巨大プロジェクトである。アマゾン横断道路のうちトカンチンス、パラ、アマゾナスの 3州にまたがるアマゾニア区間は、1970年10月9日に工事が開始され、1972年9月27日に エストレイトとイタイツーバの区間が、1974年1月30日にはイタイツーバとウマイタの区間が開通した。 約 2900㎞ の道路をわずか3年と少しで完成させるという驚異的な工事の速さである。 写真は、アマゾン横断道路アマゾニア区間の起点であるトカンチンス川エストレイト橋に近い部分 の 1981 年の状況である。開通当初は、アマゾニア区間全体がこのような砂利道であった。 アマゾン横断道路は、ここから約 150km 先までトカンチンス州内を行くが、この区間は、 サバナ(カンポセラード)からアマゾニア森林への漸移地帯で、疎林の間のところどころに、 写真左遠方のような密林も現れる。
1981年8月6日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-6 33 29.63, -47 28 31.93 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 335°
PanoraGeo-No.547     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 7/26 ⇒NEXT