Mosaic of vegetation and topography in the Pantanal

パンタナールにひろがる植生と地形のモザイク

Mosaic of vegetation and topography in the Pantanal

randum


テーマ 39

野鳥の楽園パンタナール
13

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

パンタナールにひろがる植生と地形のモザイク

Mosaic of vegetation and topography in the Pantanal

 マトグロッソドスール州に属する南部パンタナールの中心都市はコルンバである。 同州の州都カンポグランデからコルンバへ向かう飛行機の窓からは、パンタナール湿原のさまざまな顔を見ることができる。 この写真の中央から下にかけてひろがる白っぽい土地は、毎年定期的に浸水する低地で、カンポCampo)とよばれる樹木の無い草原である。 カンポに点在する青ないし黒っぽい丸みを帯びた模様はバイアBaía)とよばれる沼地で、乾季に涸れてしまうものもあれば常に水を蓄えているものもある。 写真上部にあるまだらな緑の模様は、草原に低木が疎らに生えたもの、すなわちブラジルではカンポセラード(単にセラードともいう)とよばるサバナである。 このようなサバナや場合によっては森林になっているのは、カンポの低地より1~3m 高く普通では浸水することのない微高地である。 パンタナールではこのような微高地のことをコルジリェイラCordilheira)という。 「山脈」という意味であるが、日本で平地林のことを「山」と言うことがあるのと同じと考えれば違和感はなかろう。 カンポの中に島状に分布するこのように樹木のある微高地はカポンCapão)である。

1982年8月19日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-19 17 52.90, -56 53 17.38 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 207°

PanoraGeo-No.560     直前のページに戻る     BACK⏎  このテーマ 13/17  ⇒NEXT