Apple plantation in Brazilian Southern Plateau randum


温帯のブラジル
14

BACK⏎ ⇒NEXT

直前のページに戻る

ブラジル南部高原のリンゴ園

Apple plantation in Brazilian Southern Plateau

 ブラジルにおける主要リンゴ生産地のひとつであるヴァカリア市 (リオグランデドスール州)の南方 60㎞、同州カシアスドスール市郊外に、常緑混合林(アラウカリア林) をひらいてつくられたリンゴ栽培地である。有用なアラウカリアの木は切らずに残されている。 かつて、ブラジルでリンゴと言えば、アルゼンチンから輸入したものと決まっていたが、 1980 年代以降のブラジル国内におけるリンゴの生産は驚異的に伸び、リンゴはブラジル人にとって もっともポピュラーな果物のひとつとなった。 (資料:ブラジルにおけるリンゴの国内生産量と輸入量の推移)。 この写真のリンゴ園の隣には、モモの果樹園もあった。温帯気候のリオグランデドスール州北部の高原地帯 (セラガウーシャ Serra Gaucha)では、リンゴ、モモ、ブドウなどの果樹やニンジン、 ニンニクなどを栽培する自営農家による農業が発達している。
2004年8月24日撮影  カメラの位置 (緯度,経度):-29 4 6.10, -50 56 34.42 (Google Map)  撮影方向:北から時計回り 314°
PanoraGeo-No.26     直前のページに戻る     BACK⏎ このテーマ 14/21 ⇒NEXT